HOME

{ html 5.1 タグ一覧、ブロックレベル要素、インライン要素 一覧 } : 取得

{ svg, javascript で作成したプログラム一覧 }

推奨 ブラウザ : chrome

{ html 5.1 タグ一覧、ブロックレベル要素、インライン要素 一覧 }
inline
block
none
other

getComputedStyle 関数の戻り値をみて、振り分を行っています。
セレクト, ラジオボタンの変更で、 タグ一覧、ブロックレベル要素、
インライン要素を配列やプレーンテキストで取得出来ると思います。

前回の記事では、getComputedStyle 関数の戻り値から、
ブロックレベル要素、インライン要素を判定しました。
今回は、その関数を使って、html 5, html 5.1? のタグを
ブロックレベル要素とインライン要素に振り分ける javascript を書いてみました。
セレクト, ラジオの変更で、html 5.1 タグ一覧、ブロックレベル要素、
インライン要素を配列やプレーンテキストで取得出来ると思います。

html5.1 のタグは、こちらのサイトで確認しました。 → W3C
使い方が分からない、初めて見るタグが沢山。
div, span, br だけあればなんとかなる気がする。ヽ(´ー`)ノ

getComputedStyle 関数を使用してみて分かったことは、
ブラウザによって、タグがインライン要素に、振り分けられたり、
その他の要素に振り分けられたりする物がありました。
書いたプログラムに問題があるのかもしれません。
値のとり方などに誤りがあるかもしれません、ご確認ください。

javascript で取得出来る値の中に、 タグ一覧を返すものがないか探してみましたが、
見つけることは出来ませんでした。_(:3」∠)_

数学の勉強をやり直ししてたりします。_´ω`)_