HOME

平面ベクトルの和と差

{ svg, javascript で作成したプログラム一覧 }

推奨 ブラウザ : chrome

内円クリックでベクトルが決定します。
ベクトルの和と差のプルダウンメニュー変更で、ベクトルを足したり引いたり出来ると思います。
結果は、紫色のベクトルです。
合成したベクトルが出力されると、
紫色ベクトルの直交座標?の結果に、ベクトルの x, y が出力されます。

ベクトルの差は、ラジオボタンの変更より、
( ベクトル赤 - ベクトル緑 ) = a - b= a + ( - b )
( ベクトル緑 - ベクトル赤 ) = b - a= b + ( - a )
から選択出来ます。

{ 平面ベクトルの和と差の再確認 }

0 10 10 -10 -10 20 20 -20 -20 |a| = 0 |b| = 0 |c| = 0
ベクトルの和と差
= a + ( - b )
= b + ( - a )
ベクトル : A( a ) = A( a , a ) = A( 0 , 0 )
ベクトル : B( b ) = B( b , b ) = B( 0 , 0 )
ベクトル : C( c ) = a + b = C( c , c ) = C( 0 , 0 )

数学の勉強をやり直ししてたりします。_´ω`)_